法定相続分

相続において、遺言による相続分の指定がない場合は法定相続分による。

被相続人の血族は相続順位に基づき、1)被相続人の子、2)被相続人の直系尊属、3.被相続人の兄弟姉妹の順で相続人となり、被相続人の配偶者は常に相続人(被相続人の血族に相続人となるべき者があればその者と同順位)となる。

相続人の範囲において、相続人が数人あるとき、その法定相続分は、次の各号の定めるところによる。

  • 子及び配偶者が相続人であるとき
    • 子の相続分及び配偶者の相続分はそれぞれ2分の1である。
    • 子が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいもの(均等分)とする。
  • 配偶者及び直系尊属が相続人であるとき
    • 配偶者の相続分が3分の2、直系尊属の相続分が3分の1である。
    • 直系尊属が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいもの(均等分)とする。
    • 直系尊属の場合、生存するのみの相続となる。
  • 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるとき
    • 配偶者の相続分が4分の3、兄弟姉妹の相続分が4分の1。
    • 兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいもの(均等分)とするが、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となる。