カーボンオフセット

カーボンオフセットとは、人間の経済活動や生活などを通して、「ある場所」で排出された二酸化炭素などの温室効果ガスを、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業(排出権購入)による削減活動によって、「他の場所」で直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動の総称である。

日本では、2008年に環境省が「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」を公表している。

考え方としては、次のように表現できる。

  1. 排出される二酸化炭素の量を算出する。
  2. 削減努力にて改善できない排出二酸化炭素は、排出権(クレジット、オフセット・クレジットとも呼ばれる)などを用いてオフセット(埋め合わせ)する。