土木工学

土木工学(ドボクコウガク、civil engineering)は、良質な生活空間の構築を目的として、自然災害からの防御や社会的・経済的基盤の整備のための技術(土木技術)について研究する工学である。

主な対象として、鉄道、道路、橋梁、トンネル、港湾、空港、海岸、河川、ダム、廃棄物処理、水道(上水道、工業用水道、下水道)、砂防、土木景観などがある。

また、土木工学部分の発電施設、通信施設、環境保全、造成、交通、国土計画なども含まれ、対象は多岐にわたる。

これらを取り巻く人工物は総称して「土木構造物」と呼ばれる。

大別した研究分野は、地盤系、構造・材料系、水工系などと多様な課題に対し、更に細分化されている。

このため、1人の技術者が全ての分野に精通しているわけでなく、その分野を専門とする技術者に分かれ、実務を担い、さらに各分野内でも、計画や調査、測量、解析、設計、施工、維持管理、積算、災害防止などの各分別ごとに従事する者に分かれる。

分野が多岐にわたるため、関連資格も多い。

そのため、技術士試験においても土木技術分野にあたる技術士(建設部門)」で選択科目が多い。