道路法(ドウロホウ)は、道路に関する一般法である。

道路の定義から整備手続き、管理や費用負担、罰則等まで定める道路に関する事項を定めており、公法、行政法、公物・営造物法に分類される。

現行のものは、1952年6月10日公布の道路法である。

この法律の目的は、「道路網の整備を図るため、道路に関して、路線の指定及び認定、管理、構造、保全、費用の負担区分等に関する事項を定め、もつて交通の発達に寄与し、公共の福祉を増進すること」とされている。

所管省は国土交通省。

道路網の整備により、交通ネットワークとしての機能を充実させることを意図しており、道路法ではこれを実現するための道路を4種類に分類して法律で規定している。

道路法で規定する4種類の道路とは、1) 高速自動車国道、2) 一般国道、3) 都道府県道、4) 市町村道のことで、それぞれの指定・認定の要件が定められている。

日本で一般概念上は「道路」であっても、道路法に基づかない道路もある。

これは、林道や農道などがその代表例である。