不動産登記

不動産登記(フドウサントウキ)は、不動産(土地及び建物)の物理的現況と権利関係を公示するために作られた登記簿に登記することをいう。

土地と建物につき、それぞれ独立した登記簿が存在し(区分所有の例外あり)、登記事項も異なる。

不動産登記は、民法・不動産登記法及びその他政令等によって規律される。

不動産登記の事務は、登記所(法務局)において登記官が行う

立木登記など、不動産登記法以外の特別法によって登記される物もある(立木法リュウボクホウまたはタチキホウ)。