ハザードマップ

ハザードマップとは、避難所や災害が起こりうる可能性のある場所を地図上に可視化したものである。

一般的に、「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされている。

ハザードマップを作成するためには、その地域の土地の成り立ちや災害の素因となる地形・地盤の特徴、過去の災害履歴、避難場所・避難経路などの防災地理情報が必要となる。

危険箇所や災害が発生しうる場所などをあらかじめ知っておくことで、住民や自治体は防災に役立てることができる。

例えば、「地形の情報から近所の川が氾濫した場合、1m 浸水する場所を地図上で明示的に表示することで、自分の家がその浸水域に入るのかどうかを事前に知ることができる」などがあげられる。

また、自宅近隣の避難所などをあらかじめ知っておくと、実際に災害が発生したとき、どこへ避難すれば良いのか、どこで家族や知り合いと待ち合わせれば良いのかなどの対策を立てることができる。

国土地理院が一般公開している、土地条件図、火山土地条件図、都市圏活断層図、沿岸海域土地条件図などを見ると良い。