一般競争入札

一般競争入札(イッパンキョウソウニュウサツ)とは、競争入札のうち、入札情報を公告して参加申込を募り、希望者同士で競争に付して契約者を決める方式である。

日本の官庁発注案件においては、会計法第29条の3に規定されている。

各省各庁の長は参加資格を定めることが出来き、参加資格を定めた場合は、随時申請を受け付けて審査して名簿に登録しなければならない。

また、契約担当官等(地方事務所の所長など)は、各省各庁の長が定めた参加資格の他に、さらに必要な資格を定めることが出来る。

物品の製造・販売、役務の提供、物品の買受けについては、総務省主務で全省庁統一資格審査が行われている。

それ以外の契約については、各省庁独自の資格審査が行われている。

審査に通ると、企業規模等に応じて等級付がなされ、営業品目別、地域別に名簿登録される。

入札公告時に予定価格に応じて契約の等級が決定され、それと同じ等級で登録されていなければ、入札に参加できない。

これにより、契約の規模と企業規模等とバランスが取れるように配慮されている。