農業協同組合(JA)

農業協同組合(ノウギョウ・キョウドウ・クミアイ)、通称:農協(ノウキョウ)は、日本において農業者(農民又は農業を営む法人)によって組織された協同組合である。

農業協同組合法に基づく法人であり、事業内容などは法律によって制限・規定されている。

なお、全国農業協同組合中央会が組織する農協グループ(総合農協)を、愛称としてJA(ジェイエー)と呼ぶ。

したがって、略称として「JA〇〇」の呼称が用られる。

例)

  • JAバンク
  • JA共済
  • JAタウン

江戸時代の天保期、農政学者・農村指導者の大原幽学が下総国香取郡長部村(現・千葉県旭市長部)一帯で興した先祖株組合が、日本における農業協同組合の始まりとされる。

一方、近代的意味における農業協同組合の前身は、明治時代に作られた産業組合(1900年)や帝国農会(1910年)にさかのぼる。

太平洋戦争中、生産物を一元的に集約する目的で「農業会」という統制団体に改組された。

戦後の農地改革の一環として、GHQは欧米型の農業協同組合(行政から独立し自主的に組織できる)を作ろうとした。

しかし、当時の行政は深刻な食糧難の中で、食料を統制・管理する必要があった。

そのため、1948年(昭和23年)、既存の農業会を改組する形で農協が発足した。

目的は、農業生産力の増進と農業者の経済的・社会的地位の向上を図るための協同組織とされている。

組合員の自主的な選択により、事業範囲を決めており、多くの組合員が必要とするサービスを総合的に提供する。

加入者の大半が米作農家で、そのためJAは米を中心に活動を行っている。