譲渡所得

譲渡所得(ジョウトショトク)とは、所得税における所得の区分の一つであり、資産の譲渡(建物又は構築物の所有を目的とする地上権又は賃借権の設定その他契約により他人に土地を長期間使用させる一定の行為を含む)による所得をいう。

一時所得と同様、臨時所得の一つである。

ただし、資産の譲渡による所得がすべて譲渡所得となるわけではなく、以下に掲げる所得は、譲渡所得に含まれない。

  • 棚卸し資産やその他営利を目的として継続的に行なわれる資産の譲渡による所得
    → 事業的規模で営まれていれば事業所得、そうでなければ雑所得
  • 山林の伐採又は譲渡による所得
    → 山林所得

また、債権の譲渡による所得についても、譲渡所得には該当しないが、事業所得又は雑所得に該当する。

なお、生活用動産(家具、什器、通勤用自動車、衣服など生活に通常必要な動産)の譲渡による所得は、原則として非課税とされる。