景観地区

景観地区(ケイカンチク)は、都市計画によって街の景観を維持するために定められた、補助的地域地区である。

都市計画区域及び準都市計画区域内では、景観地区を設定することができる。

条例を制定することで、その他の地域でも準景観地区を設定することも可能。

景観地区内の建築物の形態意匠は、都市計画に定められた建築物の形態意匠の制限に適合するものでなければならない。

景観地区内では、建築物のデザインや色、高さなどを多岐にわたり規制することができる。

景観法により、従来の「美観地区」は廃止された。

美観地区が、これまでの良好な景観を維持する目的であったのに対し、景観地区では、これからの良好な景観の形成を図るため設定することができるのが大きな違いである。

条例等で景観地区を美観地区と呼ぶことで、美観地区という呼称が残る場合もある(倉敷美観地区など)。