景観計画

景観計画(ケイカンケイカク)は、景観法に基づき、行政団体が定めることができる良好な景観の形成に関する計画である。

景観計画を策定すると、景観計画区域内における建築物の建築等の行為が、届出・勧告により緩やかに規制できるほか、景観重要建造物や景観重要公共施設の指定,景観協定など景観法に規定する制度が活用できる。

景観計画区域内の建築等に関して届出・勧告による規制を行うとともに、必要な場合、建築物等の形態、色彩、意匠などに関する変更命令を出すことができる。

景観計画の策定状況は公表されている。

景観行政団体が策定するが、住民が提案をすることもできる、2013年1月時点では360団体が策定している。