景観協定

景観協定(ケイカンキョウテイ)とは、景観法に基づく景観計画区域内の土地について、土地所有者等の全員の合意により、その土地の区域における良好な景観の形成に関するルールを決める制度である。

景観協定では、建築物の形態意匠、敷地、位置、規模、用途等の基準や緑化に関する事項、屋外広告物の基準等の景観に関わる様々なルールを幅広く定めることができる。

景観計画区域内の土地の所有者等は、景観協定を締結することができる。

意匠など地区計画よりも制限できる項目が広い。

従来の自治体の条例に基づくものと異なり強制力があり、また協定締結後に区域内の不動産を取得した者も拘束するので、締結当事者のみが拘束される普通の契約(協定)よりも強い効力を持つ。