建築基準法

建築基準法(ケンチクキジュンホウ)は、国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定めた、日本の法律である。

前身は市街地建築物法。

建築法規の根幹を成す法律であり、この法律の下には、建築基準法施行令・建築基準法施行規則・建築基準法関係告示が定められている。

建築物を建設する際や建築物を安全に維持するための技術的基準など、具体的な内容が示される。

建築物を企画・設計し、建設して実際に利用者が建築物を使用する場合には、建築基準法のほか、以下のようにさまざまな建築関連法規の規制を受ける。

  • 「建築物への消防活動と連携するための消防法」
  • 「建築物が連なった街区や広域な見地から連携する都市計画法
  • 「自然の地形を切り土や盛り土で造成することで宅地化する際に連携する宅地造成等規制法」
  • 「代表的な都市インフラと連携する水道法や下水道法」
  • 「建築物の利用によって排水される汚水と連携する浄化槽法」
  • 「建築物を利用する上で弱者救済と連携する高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」
  • 「建築物を利用する上で建築材料の品質を一定の基準内に定めるための住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」
  • 「地震国の日本において耐震性を維持するための建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」
  • 「建築物を設計する際に求められる職能の規定する建築士法」
  • 「建築物を施工する事業所の業態を規定する建設業法」