建築(ケンチク)とは、人間が活動する構造物を、計画、設計、施工、使用するに至るまでの行為の過程のことである。

建築の原語である”Architecture(アーキテクチャ)”は、個々の建物ではなく、建物を造る行為(過程、技術)を指す。

個々の建物(Building:ビルディング)を示す場合は、「建築物」と呼ぶべきところであるが、実際には混同されて使われることも多い。

共和政ローマ時代の建築家、ウィトルウィウスが著した、現存する最古の建築理論書「建築書(建築論、建築十書とも)」によると、用(utilitas)・強(firmitas)・美(venustas)を兼ね備えることが求められるものであり、これを実現する為に、芸術的かつ科学的見地に立たねばならないとされる。

建築の対象を大きく捉えると、地域計画・都市計画・景観デザインなど総合的な環境デザインの構築、コミュニティ形成までに関わり、外壁や開口部、小さくは室内の家具、小物といった室内装飾に至る物作り全般までに関わる。

しかし、通常は一定の敷地を単位にして捉えられる。

日本の建築関連の法令の一つである建築基準法では同法第2条十三号により「建築物を新築し、増築し、改築し、又は移転することをいう」と定義されている。