固定資産

固定資産(コテイシサン)には、「会計上の固定資産」と「税法上の固定資産」のように、2通りの意味がある。

会計上の固定資産とは、販売目的でなくかつ継続的に会社で使用することを目的とする財産のことを指す。

固定資産は、流動資産(リュウドウシサン)と共に、資産を構成する。

企業の営業活動を直接表している売掛金、在庫などと、営業活動に直接の関連がなくとも短期的に現金として現れる預金利子などは流動資産であり、固定資産とは異なる扱いとなる。

短期と長期の区別は、日本を含む国際的な会計の基準では1年を用いており、1年以内に現金化するものは流動資産とされる。

有形固定資産は例えば以下の通りである。

  • 土地
  • 建物
  • 建設仮勘定
  • 工具器具備品
  • 機械装置
  • 車両運搬具

無形固定資産は例えば以下の通りである。

  • 営業権(のれん)
  • 特許権
  • 実用新案権
  • 意匠権
  • 著作権
  • 商標権
  • 漁業権
  • 借地権
  • 鉱業権
  • ソフトウェア

税法上、「固定資産」は次のように定義されている。

「土地(土地の上に存する権利を含む)、減価償却資産、電話加入権その他の資産で政令で定めるもの」。

所得税法上の「固定資産」も大枠において同様である。