公正証書

公正証書(コウセイショウショ)とは、ある人が法的に意味のある行為をしたという事実を証明する文書のことである。

証明文書を作成するために必要な公的資格を持つ専門家(公証人)が、行為者の依頼に基づく職務として作成する。

公的資格を持つ専門家である公証人が作成した証明文書であり、原本を当事者から中立の公証人が保管するため、行為の存否や瑕疵の有無が争われる危険性が低い。

つまり、「契約に関わっていない」、「検討不十分なまま契約をした」、「誤解をしたまま契約をした」、「脅されて契約をした」、「日付が不正確である」などの主張は覆される可能性が高いため、そもそもそのような主張が出ないことが多い。

つまり、公正証書は事実上、高い証明力を有している。

公正証書として代表的なものは、契約公正証書、遺言公正証書、事実実験公正証書である。