公図(コウズ)とは、土地の境界や建物の位置を確定するための地図。

広義には下記のものを包括した概念である。

これらは法務局が管理し、閲覧することができる。

法14条地図の縮尺は、250分の1、500分の1、1000分の1、2500分の1であり、地図に準ずる図面は300分の1又は600分の1のものがある。