建物の区分所有等に関する法律

建物の区分所有等に関する法律(タテモノノクブンショユウニカンスルホウリツ)は、マンションの一室のように、一棟の建物の一部(区分建物)を独立した所有権の対象とすることができるようにし、その場合の権利関係について定める日本の法律である。

ふつう正式名称を略して「区分所有法(クブンショユウホウ)」と呼ばれる。

1962年4月4日に公布された。

区分所有者の権利義務を定義し、権利変動の過程・利害関係人を明確にすることが目的。

また、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるとき、その各部分をそれぞれ所有権の目的とすることができると定め、当該建物に関する区分所有者の団体(いわゆる管理組合)、敷地利用権、復旧および建替え等について定める。

また、1条に規定する建物のことを、区分建物(クブンタテモノ)とも呼ぶ。