民泊(ミンパク)は、旅行者などが、一般の民家に宿泊することを意味する日本語の表現である。

宿泊者が対価を支払う場合に用いられる。

日本の法律では「住宅宿泊(ジュウタクシュクハク)」などと呼ばれ、住宅宿泊事業法を含む観光政策の用語として、「民泊サービス」も使われている。

日本の民泊に相当するサービスは欧米で広く行われている。

広い範囲を含む用語としては、一般的にバケーションレンタルの語が用いられている。

バケーションレンタル(賃貸)の対象施設は、アメリカのハワイ州やフロリダ州、地中海沿岸などのリゾート地における別荘から、ニューヨークやイギリスにおけるロンドンといった、大都市におけるコンドミニアムまで包含している。

また取引の形態も様々であり、個人が所有する資産の活用(C2C型)によるホームステイやファームステイから、不動産企業など法人が実施する大規模なレンタル事業(B2C型)までが含まれる。

これらの事業はいずれも、ホテル宿泊に飽き足りない旅行者層に向けた、あるいはホテル等の施設でまかなえない需要を補う選択肢として、広く利用されている。