農業(ノウギョウ)とは、土地の力を利用して有用な植物の栽培、有用な動物の飼養で事業を行う生産業のことである。

広義には、農産加工や林業までも含んでいる。

なお、農業を職業としている人は、農家や農民と呼ばれるのが一般的。

2007年、全労働人口の3分の1が農業を中心とする第一次産業に従事していた。

世界全体では第三次産業に従事する人口が一次産業を凌駕している。

農業は、伝統的な分類では林業・漁業と同じ第一次産業に分類される。

農業・林業・水産業・畜産業などに関わる研究は、農学という学問の一分野を成している。

人類は、本来狩猟採集を行って生きていたと考えられており(狩猟採集社会)、どこかの段階で農業を始めたと考えられている。

農業の起源については諸説ある。

ハーバード大学、テルアビブ大学とハイファ大学の共同チームは、イスラエルのガリラヤ湖岸で、23,000年前の農耕の痕跡(オオムギ、ライムギ、エンバク、エンメル麦)を発見した。

また、約10000年ほど前、中国の長江流域で稲作を中心とした農耕が始められていたことも発掘調査で確認されている。

レバント(シリア周辺、肥沃な三日月地帯の西半分)では、テル・アブ・フレイラ遺跡(紀元前9050年頃)で最古級の農耕の跡(ライムギ)が発見されている。

イモ類では、パプアニューギニアにて9000年前の農業用灌漑施設の跡「クックの初期農耕遺跡」がオーストラリアの学術調査により発見されている。

農耕の開始と同時期に牧畜も開始された。

中緯度の狩猟民が定住化した後に農耕や牧畜を開始したことは「農業革命」と呼ばれており、その後の人類の社会に影響を与えた。

社会の分業化とともに自給自足、物々交換のための農業は、商業化された農業へと移行した。