旅館業法

旅館業法(リョカンギョウホウ)は、旅館業の業務の適正な運営を確保すること等により、旅館業の健全な発達を図る法律。

旅館業の分野における、利用者の需要の高度化及び多様化に対応したサービスの提供を促進し、もつて公衆衛生及び国民生活の向上に寄与することを目的として制定された。

所管官庁は、厚生労働省であり、関係官庁には国土交通省、総務省、消防庁がある。

旅館業を営もうとする者は、都道府県知事(保健所を設置する市又は特別区にあつては、市長又は区長)の許可を受けなければならない。

ただし、旅館・ホテル営業又は簡易宿所営業の許可を受けた者が、当該施設において下宿営業を営もうとする場合は、この限りでない。