測量(ソクリョウ)は、地球表面上の点の関係位置を決めるための技術、作業の総称である。

地図の作成、土地の位置・状態調査などを行う。

ポイントの地上または三次元の位置と、それらの間の距離と角度を決定する。

日本では高度の精度を必要としない測量は、基本的に誰でも行うことができるが、国または地方公共団体の実施する基本測量、公共測量等は測量法に従って登録された測量士又は測量士補でなければ技術者として従事することはできない。

また、こうした測量は測量法に従って登録された、営業所ごとに測量士が一人以上置かれた測量業者でなければ請け負うことはできない。

一方、登記を目的とした測量は土地家屋調査士でなければ行うことはできない。

測量の歴史は古く、古代エジプトの時代から行われてきた。

日本では1800年に伊能忠敬が日本地図作成のため、蝦夷地(現在の北海道)で本格的な測量を行ったのが始まりとされる。