相続順位

相続における「被相続人」の血族は、次の順位で相続人となる。

  1. 被相続人の子
    • 死亡した人により近い世代である子供が優先される
  2. 被相続人の直系尊属
    • 父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母が優先される
  3. 被相続人の兄弟姉妹
    • 兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となる

また、被相続人の配偶者は常に相続人となり、上記の順位で相続人となった者と同順位で相続人となる。

同順位同士との相続となるのであって、遺言による指定がない限り、他順位間とで相続することはない。

他人同然の関係の人間は遺言で指名されるか養子縁組の手続きをしない限り、相続権は一切ない。