宅地建物取引業

宅地建物取引業(タクチタテモノトリヒキギョウ)とは、主として土地・建物等の売買・交換・賃貸の仲介や、分譲住宅の販売代理等を行う事業のこと。

この事業を行うためには宅地建物取引業法で定める免許が必要となるほか、営業や広告、契約等の際には同法に基づく規制を受ける。

多額の資本を必要としないことから小規模の会社が多く存在する。