宅地造成

宅地造成(タクチゾウセイ)とは、森林や山林、農地、原野など宅地以外の土地を住宅地などにするために転換整地したり、沼沢地や水面を埋立によって住宅や工場といった建築敷地や市街地といった用地を造り出す等、土地の形質を変更する造成のことである。

一般に街区、画地、道路、公園緑地、排水施設、擁壁、給水施設、電気施設等から成る。

通常は、土地の整地のほか、道路の新設や建築敷地の区画割りを行って社会基盤施設である上下水道や電気、電話、ガス関連施設を完備させる必要がある。

また、工場や貨物基地といった諸施設の跡地を住宅地などにするなど、もともと宅地である土地の形質変更も形質変更が伴えばこれも宅地造成と呼ばれている。