都市計画法

都市計画法(トシケイカクホウ)は、都市の健全な発展等を目的とする日本の法律である。

この法律は、都市計画の内容及びその決定手続、都市計画制限、都市計画事業、その他都市計画に関し必要な事項を定めることにより、都市の健全な発展と秩序ある整備を図り、もつて国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。

法体系上、都市計画法は、建築基準法と密接な関係を有し、都市における建築等を規制している。

例えば、建ぺい率や容積率は都市計画で決められるが、さらに建築基準法により、前面道路が建築基準法上の道路かどうかに応じた制限も加わる。